ジェイアールバス東北株式会社

HOME > 平成27年度新入社員の声

平成27年度新入社員の声

佐藤 宏樹
(白沢事業所:運転士)

入社した動機

バスの運転をしたいということがありました。他社との比較では、JR東日本の安全のイメージもありましたし、JRバス東北は訓練をしっかりやっているとお聞きし、安心感がありました。お客さまの立場から見ても、安全・安心というイメージがあったのでJRバスの運転士を目指すことにしました。

現在取り組んでいること

納得いくブレーキ、納得したシフトダウン等運転操縦に気を付けています。車内転倒事故防止のため、車内アナウンスをこまめにするようにしています。お客さまの命を預かる責任感を感じていますし、常に一定の緊張感を持って運転をしています。

これまでで印象に残っていること

バスを降りていくお客さまから放送と丁寧な運転を直接ほめられたことがありました。お褒めの言葉はやはりモチベーションの向上につながります。

今後の目標

来年度から当社のサービスの取組みであるCSサポーターをやることになりました。このこともあり、以前のCSの資料を見たのですが、自分はまだ一人前ではないと思いました。接客面だけでなく運転面でも見直すことがありましたので、そういうところを一つひとつつぶしていきたいと思います。

就活生へのメッセージ

休みの日にバスの運転をしている人を見るとうらやましいと思うようになりました。JRバス東北は訓練がしっかりしています。運転士の単独試験で一度不合格となりましたが、その後修練を積み、おかげで1ランク上がったような気がしています。

中島 航
(白沢事業所:運転士)

入社した動機

接客業の仕事につきたかったということがあります。自分の好きな運転と接客ができる仕事を探していた中でJRバス東北と出会いました。福利厚生もしっかりしていると聞き、JRバス東北で仕事をしていきたいと思いました。

現在取り組んでいること

お客さま目線にたち、混雑時にお客さまが不快に思うことのないよう声掛けをするようにしています。お客さまの命を預かる緊張感を持ちながら、仕事を楽しめるようバランスをとっています。一人の先輩社員が面倒を見てくれる里親制度のおかげで色々と悩みが解消できました。里親担当の先輩から的を射たアドバイスをしてもらえるのでありがたいです。

これまでで印象に残っていること

普段お客さまの少ない定義行のバスが、秋の紅葉シーズンで仙台から満車になったことが印象に残っています。みかんを差入れでもらうこともあり、お客さまとの距離が短いことも励みになっています。

今後の目標

佐藤社員とともにCSサポーターになるので、モニターの点数で満点をとりたいです。お客さまに安心して乗っていただける一人前の運転士がとりあえずの目標です。本社での仕事を含めて幅広い仕事があるとのことなのでいずれは色々な経験したいと考えています。

就活生へのメッセージ

運転が好きな人にはたまらない仕事だと思います。会社に入る前はそれほど興味がなかったのですが、最近はバスに愛着が湧いてくるようになってきています。クレームもありますが、ありがとうと言われることの方が多く、満たされた気分になります。

高橋 敏志
(七北田事業所:運転士)

入社した動機

旅行が好きで、ドライブも好きでした。また、アルバイトでの経験から、接客も向いていると思いました。乗り物の運転と接客ができる仕事ということで、鉄道よりお客さまとの距離の短いバスの運転士になりたいと思いました。JRバス東北は総合職でも運転士を経験させてくれ、その先が拡がっていることも魅力でした。

現在取り組んでいること

乗客として乗っているときに「止まります」とかの一言アナウンスがあるとありがたかったので、そういったアナウンスをするよう心がけています。趣味とは違うので、運転速度は守る、急ブレーキ・急ハンドルはしないなど安全には気を遣っています。

これまでで印象に残っていること

運転士として独り立ちした日が印象に残っています。大型二種の免許の基準のため他の同期より半年遅れており、早くバスの運転が運転したかったので、やっとここまで来たという感慨がありました。

今後の目標

まず、無事故で苦情をもらうことのないようにやっていきたいです。いずれは高速バスや観光バスの運転がしたいです。また、自分のスキルを高めるために旅行業、衛生管理者、危険物などの資格を取っていきたいと考えています。

就活生へのメッセージ

印象良くするために大きい声であいさつをすることが大切だと思います。採用面接のときの会社に対する印象が今に直結しており、会社に入る前と今とではあまりイメージのギャップがない会社です。

高山 詳平
(七北田事業所:運転士)

入社した動機

地域の交通を支える仕事がしたかったからということがあります。2011年の大震災で地下鉄が不通となった時にバス代行が行われていました。実際に利用して見てバスも地域の交通を支える大事な手段であったことを認識しました。車の運転をすることが好きなことが有り、バスの運転士を目指したいと思いました。地元を走るJRバスを見て、将来この地域の交通を支えていきたいという夢ができました。

現在取り組んでいること

乗客の立場になって、何をしたらいいのかを見極めています。車によりブレーキ、クラッチの癖があるので、メモを作り、癖を考えた運転をしています。大晦日には「一年間ご利用ありがとうございました。良いお年をお迎えください」とアナウンスするなど工夫をこらしています。

これまでで印象に残っていること

車内アナウンスが丁寧で良かったということで、車内から拍手をいただいたことがうれしかったです。また、独り立ちしてから2ヶ月でもらい事故がありました。訓練で学んだことをうまく活かせて対応できたことも印象に残っています。

今後の目標

これまで車の運転経験が少なかったので、運転の技術を上げていきたいと考えています。いずれは地元を走るスワロー号、白樺号の運転をしたいです。

就活生へのメッセージ

運転の経験が少なくても、チャレンジ精神を持てばやっていけます。わからない事があっても周りの先輩社員の皆さんにすぐ聞ける雰囲気があるので安心だと思います。

平塚 郁弥
(七北田事業所:運転士)

入社した動機

車を運転することが好きで、色々な車を運転してみたいという中にバスもありました。毎日お客さまとかかわっていけるということも考慮した一つの要素です。バスの運転士だけでなく、その先に色々な道があることもJRバス東北の魅力の一つでした。

現在取り組んでいること

お互い気持ちよく働けるように、社員同士のあいさつを率先してすることを心掛けています。お客さまとのあいさつについてはTPOを考えていますが、言葉をかけられたら必ず応えるようにしています。これから働いていくうえで必要なことは指導運転士からしっかり教えてもらいました。

これまでで印象に残っていること

独り立ちして最初に運転した時が印象に残っています。いまでも不安になることもありますが、周りの社員に教えてもらって助けられています。満車のバスを運転していることに感慨がありました。

今後の目標

運転無事故はもちろんのこと、運転の技術を今後高めていきたいです。資格も取るなどして、自分でできることを増やしていきたいです。お客さまの満足度を高められるよう身近なところから頑張っていきます。

就活生へのメッセージ

運転士としても社会人としても広い視野を持つことが大切だと感じています。たくさんの方と接する中で色々なことを吸収できたらいいと思います。

星 正明
(七北田事業所:運転士)

入社した動機

車を運転することが好きでした。アルバイトで小さなトラックを運転する中、もっと大きな車を運転したい憧れがありました。また、運転代行のアルバイトで自分の運転でお客さまからお金をいただける魅力も知っていました。この二つのことを満たせるバスの運転をしてみたいと思いました。実家でJRバスが運転しているのを見て自然とJRバス東北に入社したいと思いました。点呼などの将来違う道もあることも魅力でした。

現在取り組んでいること

路線バスに今までなじみがありませんでしたが、運転士をしてみて、仙台市の路線バスの意義を実感しました。公共交通機関の一つとして大事なことを担っている自覚を持っています。人の命を預かっているという言葉の重さを最近実感するようになってきました。安全運転はもちろんの事、お客さまを不快にさせない、お互いに気持ちよく利用していただけることを目指し、アナウンスや何気のない一言をいい、市営バス変わったねと言われるように努力しています。

これまでで印象に残っていること

大型車にあこがれていることもあり、教習所で初めてバスを運転した時が印象に残っています。また、指導運転士をついてもらい福島で初めてお客さまが乗車された時の瞬間が何とも言えませんでした。これから失敗ができないと身が引き締まる思いでした。年末の仙台発泉ビレッジ行きが23時過ぎにもかかわらず満車で、仙台はすごいところだと思いました。

今後の目標

七北田で路線バスの経験を積み、今後もっと大型な観光バスや高速バスを運転することが目標です。

就活生へのメッセージ

安心して働ける会社だと思います。運転が好きな人にはたまらない仕事だと思います。

若生 瑛司
(東口バス案内所:営業係)

入社した動機

高校のころから七北田の路線バスを利用していました。地元に貢献する仕事がしたいという思いが強い中、地域に貢献をしているJRバス東北という会社に興味を持つようになりました。

現在取り組んでいること

電話対応業務と窓口での接客業をやっています。アルバイトで接客業務をやっていたので、接客業に対する抵抗感はありませんでした。今はお客さまの身になったサービスを心掛けています。たとえば、不慣れなお客さまが券売機での乗車券の買い方を窓口に聞きに来た際に、実際に券売機まで行き買い方について説明しました。

これまでで印象に残っていること

雪の日に目の不自由なお客さまがいらっしゃいました。足元が悪くなっているので、声をかけて安心していただき、バスの乗り口まで誘導したことが印象に残っています。雪の日とか大雨の日などにバスの運行に関する問い合わせが多くなり、大変だったことも良い経験です。他の同期に比べ運転士になることが遅れていますが、東口バス案内所でいい勉強ができています。運転士として必要な乗車券の知識をあらかじめ習得することが出来ました。

今後の目標

6月からバスの教習所に入ります。今後、お客さまを安全に目的地まで安心してご利用いただける運転士となりたいです。東京に遊びに行く際は高速バスを利用しているので、いずれは高速バスの運転もしてみたいです。

就活生へのメッセージ

雰囲気も良く、チームワークがいい職場です。会社に入ってみて気がついたのですが、特に安全に気をつかっている会社だと思いました。他のバス会社と比べて安全ということに徹底している会社だと思います。

ジェイアールバス東北株式会社


ページトップへ